ビタミンC誘導体は乾燥するの?保湿スキンケアの正しい方法

ビタミンC誘導体を使ったアイテムを使用すると、さらっとしてなんとなく乾燥しているような気がする・・・
という女子は多数いるかと思いますが、実際ビタミンC誘導体は乾燥するのでしょうか?

 

実はかなり活躍している

 

ビタミンCは美肌のための成分と言われ、美白などに用いられる肌の保湿スキンケアをする上で非常に大切な成分です。
肌のハリ感を保ち、ニキビなどの肌荒れ予防にビタミンC誘導体入り化粧品を使うことは有効です。
しかし何故乾燥すると誤解されてしまうのでしょうか?
ビタミンC誘導体の濃度が高くなればなるほど美肌になる率が上がりますが、それ以上に欠点である保湿力がないというところも見えてくるのです。
ですから毛穴引締め、皮脂分泌抑制、メラニンを抑制して美白や美肌のために良いビタミンC誘導体はかなり活躍しており、コラーゲン生成にも関わっていると言えますから、保湿スキンケアをしたいのであれば、是非ともとるべき成分です。

 

ビタミンCが入っているコスメ

 

ビタミンCを配合しているコスメは2種類あり、誘導体が配合されているものとビタミンCそのものが配合されているものに分けることができます。
ピュアビタミンCのほうが本物のビタミンCだから効果があるだろうとおもわれがちですが、効果や能力は同じです。
ただ、ビタミンC誘導体であれば、APPSかどうかという点が決め手です。
APPSは水にも油にも馴染む従来のビタミンC誘導体のおよそ100倍も浸透力があると言われていますから、ビタミンC誘導体を効果的に効かせるためには高濃度の美容液を使うのがよいでしょう。
ビタミンCは肌には最適な成分で、コラーゲン生成や毛穴の引締め、収れん効果が認められ、皮脂汚れにも強く、ニキビなどの炎症には抗炎症作用で対応してくれます。
化粧品からビタミンCをたっぷり摂るのであれば、もちろん食品からもたくさんビタミンCを取りましょう。
ビタミンCは水溶性で、1日でなくなってしまう、作りだめができない成分なので、1日1日しっかりビタミンCを補給していく必要があります。