保湿スキンケアはいつ行うのが最適なの?浸透しやすいタイミング

保湿スキンケアで最も大切なのがタイミングです。
このタイミングを逃すとかなり大きな差が出てしまいます。
ではどのようなタイミングで保湿スキンケアを行うのがよいのか考えてみましょう。

 

ある人は1分というがある人は3分以内という

 

実はこの保湿のタイミングについてはそれぞれの説があり、タイミングは洗顔後1分以内という人もいれば、3分以内という人もいるのです。
これはどちらにも甲乙つけがたいものがあります。
どの美容賢者たちもそれぞれのタイミングを持っていますから、時間に縛られることなく自分のタイミングを持つようにしましょう。
しかし、保湿スキンケアのタイミングはやはり洗顔直後が望ましいと言われています。
1分といえども1分は長いという人はやはりタオルで水滴をふき取ってそのまま保湿スキンケアへ走りますし3分という人も、とりあえず頭と顔を拭いてから化粧水だけはつけるようにするとよいでしょう。
つまり、肌が湿っている状態でスキンケアを行うとより効果的であると言うことです。

 

肌がしめっている状態でスキンケアを

 

お風呂上り、洗顔後、肌をスッキリさせてからスキンケアをするというあえて乾いてからスキンケアをしている人は、肌がまだぺたぺたと水分が残っている状態でケアをしてみましょう。
水分の上に化粧水を重ねることで水分と共に有効成分が肌の内部に浸透します。
お風呂上りで汗をかいてべたべただからちょっと乾いてから、と思っていると大間違いです。
これはNG習慣としてとらえておきましょう。
また出先でも乾燥することが多いと思われます。
オフィスなどはエアコンがガンガン効いていますし、冷え性の女性はストールをまくというほどでもあります。
そんなエアコンがガンガン効いているオフィス内ではどうしても乾燥しがち。
デスクにおける小さな加湿器などがあればよいでしょう。
もしそれも難しい部署であるのなら、ミスト化粧水を使って潤いベールを作りましょう。