保湿スキンケアには何が大切なの?やっておきたい事とは

保湿のためのスキンケアをするには何が一番大切なのか?
要はそこが決め手でもあると言えますが、実際多くの女性がやっていることが基本です。
いわゆる洗顔です。
何故保湿ケアに洗顔が必要なのか計らいかねますが、そこは探っていきましょう。

 

洗顔の仕方で素肌の状態が変わる

 

実は洗顔の仕方次第で素肌の水分量やうるおいが変わるとも言われています。
メイク落としに強力なクレンジング剤、洗顔はついついこすったりメイク落とし出来なかった場所をピンポイントで洗ったりとそんなことをしていては、保湿の前に洗顔をなんとかしなさいというのも当たり前の話です。
ではどうすれば良いのか?
洗顔を泡洗顔に変えることはもちろんですが、メイクの落とし方もしっかり押さえておきましょう。
アイメイクなど濃いメイクの場合は専用リムーバーで、さらにリップもなかなか落ちにくいものが最近は多いのでポイントリムーバーを使って最初に落として、ベースだけをクレンジングできるようにしましょう。
ベースにオイル系はできれば避け、ミルクやクリームなどのクレンジングでマイルドな洗顔をしましょう。
ベースを落とすだけなので、マッサージなどくるくると指で圧をかけても良いです。

 

化粧水の前に美容液をつけること

 

実は順番が逆になっているケースもあります。
スキンケアの始まりは化粧水だと思っている人が多いのですが、実は美容液から始めたほうが化粧水の浸透がよいことが分かっています。
なんとなく心もとない・・・と思っている人は、大容量で販売されているシートマスクがオススメです。
このシートマスク、化粧水が浸み込んでいるのかと思いきや、実は美容液成分が混じっているのです。
バスルームから出たら、真っ先にシートマスクをして、それから体や頭をふいて、着替えおる頃には適度にシートマスクは濡れており、お肌はもっちり状態に仕上がっていますから、時短にもなります。
最近は液だれしないようにしっかりマスクに密着させているものもありますから、コストパフォーマンスで選ぶなら大容量、でもいざという日の前日はスペシャルマスクを使いましょう。