乾燥肌に良いといわれるセラミドを活用した保湿スキンケア

乾燥肌にはやっぱりセラミドが一番だという人はなかなか美容に優れている人でもあります。
肌表面でバリア機能の役割を果たしているので重要な成分です。

 

表皮の細胞間資質の主成分がセラミドである

 

肌には細胞間資質というものがあり、肌のバリア機能を担っています。
細胞間資質のおよそ40%がセラミドでできているので、セラミドが不足すると乾燥肌、アトピーなどの肌になりやすいわけです。
そうならないために、女性は洗顔後に化粧水で肌を整え、乳液などで肌をケアしています。

 

肌には水分層と脂質層が交互に存在。
外的刺激から肌を防御していて、セラミドは半分以上を占めていることになります。

 

セラミドは6種類

保湿に関係があるのはタイプ2とタイプ1です。
タイプ2の場合は水分を保持。
分かりやすくいえば、保湿作用を持っています。
タイプ1のセラミドは必須脂肪酸が関わっていることが多く、バリア障害をもたらすことがあると分かっています。

 

乾燥肌によって敏感肌になるから保湿スキンケアは大切

 

セラミドは角質をキレイに整えてくれる仕事も担っていますが、効果はそれだけにとどまらず、水分をしっかり包み込んで逃がさないという効果を持っています。
つまり皮膚内部ではセラミドがセラミドで水分を包み込んでいるゼリー状態になっているとイメージできます。
セラミドは保湿成分の中でも最も保湿力が強いもと言われていますから、乾燥肌の女性は自分がそうだと気づいたら、保湿スキンケアとしてセラミド配合の化粧品を使うようにしましょう。
セラミドを補うのは簡単で、化粧品からセラミドを導入すれば良いのです。
また、肌のターンオーバーでもセラミドは取り戻すことができます。
外から入れるのも簡単ですし、そのようなセラミド入りの化粧水や乳液、クリームはたくさん溢れています。
迷わず乾燥肌の女性はセラミド入り化粧品を使いましょう。