保湿スキンケアの知っておきたい保湿のメカニズムと対策まとめ

スキンケアの基本は保湿をきちんと保つことにあるという声があります。
化粧水をたっぷり浴びても、その後にしっかり乳液をプラスしなければどんどん乾燥します。
しかし何故そこまでスキンケアには保湿が必要なのでしょうか?

 

スキンケアで大切な保湿の理由って?

 

何故保湿が必要なのか?
その理由は見た目が滑らかで美しい、それだけではありません。
シミやシワにも深く関わってくるからです。
表皮が乾燥するとカサつきますし、角質層の間に隙間ができ、ダメージを受けるとシワやシミになる可能性があります。
それを防ぐためにも化粧水は必須です。
早くから化粧水を使い始めた女子のほうが、肌がきれいなのは絶対的に保湿力が関与しているからです。
素肌のまま外を歩くことができる、と言い切れる人は、すっぴんでも別に驚かれる顔でもなく、シワやシミがそれほどあるわけではないと自分で知っているからです。

 

肌のホメオスタシス

 

ダイエットを一度や二度経験したことのある人は、停滞期にホメオスタシスというものが関係しているということには気づいているでしょうか?
このホメオスタシスは一定量まできたら、それ以上減らないように、生命を守るために一定の状態を保つという機能です。
まさに肌もそのような状態、乾燥した肌はホメオスタシスとして化粧水が必要なのです。
乾燥しすぎてしまうと乾燥肌になってしまいますし、極論を言えばそのまま敏感肌になる可能性もあります。
また、保湿成分がたっぷりあっても、肌が拒んでその有効成分を取りいれなければ意味がありません。
化粧水で肌を柔らかくして美容液の入りをよくし、美容液をすーっと馴染ませてから乳液をし、クリームをしてフタをする。
このミルフィーユ状態が最も理想的な肌のコンディションだと言えます。
ちょっとやりすぎだ、と世間に思われがちなほどやったほうがよい肌もあります。
自分の肌コンディションは自分が一番知っていますから、望むべきコンディションにするために何が一番必要かを考えましょう。